管理組合における新4K8K衛星放送導入の基礎知識

   

いよいよ今年の12月1日から「新4K8K衛星放送」の本放送が開始されます。

が、これはあくまで衛星放送(これまでのBS放送やCS放送など)のことであり、地上デジタル放送はこれまでどおり視聴できますのでご安心ください。

この新4K8K衛星放送は、これまでの右旋(うせん)電波に加えて、新たに左旋(させん)電波を受信する設備が必要となるので、管理組合において、新4K8K衛星放送設備を設置するかどうかの合意形成を図らなければなりません。

右旋(うせん) 現在のBS・110度CS放送で利用されている電波方式
現在使用のパラボラアンテナで右旋電波の新4K8K放送の視聴は可能。ただし、各ご家庭で専用の受信機(TVやチューナー)を購入する必要がある。
左旋(させん) 現在使用のパラボラアンテナでは、新4K8K放送の受信は不可。受信には、パラボラアンテナ・ブースター・分配器・各ご家庭の壁面端子の交換に加え、各ご家庭で専用の受信機(TVやチューナー)を購入する必要がある。

引用:総務省4K8K情報サイト

数年前の地上デジタル放送の導入時は、アナログ放送が終了することが決まっていたので、嫌がうえにも地上デジタル放送設備を設置する必然性があったのですが、新4K8K衛星放送は、これまでの衛星放送が終了するわけではないので、設備の導入の是非については組合員それぞれのニーズ・嗜好によって意見が異なってくることが想定され、合意形成も丁寧に行っていく必要性があります。

今回は新4K8K衛星放送の特徴や、マンションへの導入方法、設備更新の助成金等をまとめていきます。

1. 新4K8Kの特徴

超高精細(ちょうこうせいさい)

超高精細とは、極めて細かいところまで精密であることを意味する放送サービスやテレビに用いられる用語です。

4K・8Kとは、画像の精細度を決める画素数が水平方向(横方向)に、4Kは約4千画素、8Kは約8千画素あることに由来しています。*K…千の意味 *現在の地上デジタル放送は2K

▼2K・4K・8Kの画素数〔水平(横)×垂直(縦)、総画素数〕

水平(横)× 垂直(縦) 総画素数
2K 1920×1080 約   207万画素
4K 3840×2160 約   829万画素
8K 7680×4320 約 3318万画素


引用:総務省4K8K情報サイト

① 広色域化

表現可能な色の範囲が大幅に拡大し、「実際に見える色」に近い表現が可能となっています。

引用:総務省4K8K情報サイト

② 画像の高速表示

現在は、1秒間に30コマしか表示していませんが、最大で120コマの表示に高速化できます。これにより、動きの速いスポーツなども、「ぼやけず」「なめらかに」表示可能となります。

引用:総務省4K8K情報サイト

③ 多階調化

現在のおよそ1,600万階調に対し、およそ10億階調へ拡大します。これにより、色や明るさの変化がなめらかになりより自然な映像となります。

*階調…色や明るさの表現力の単位。階調が多ければ多いほど、自然に近い表現ができる。

引用:総務省4K8K情報サイト

④ 輝度(きど)

HDR(ハイダイナミックレンジ)技術により、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、より現実に近い明るさの表現が可能となります。

*輝度…ディスプレイなどの画面の明るさの度合いのこと。

*HDR(ハイダイナミックレンジ)…映像が本来持っている明るさ・色・コントラストを表現できる技術のこと。肉眼で見た印象に近い映像を楽しむことができる。

引用:総務省4K8K情報サイト

※ その他、音声も「7.1チャンネル」などの立体音響が可能となっています。

2. 左旋電波の新4K8K放送の受信(共用設備)

前述のとおり、右旋電波の新4K8K放送(下図の青い部分)はマンション屋上のパラボラアンテナ等の受信設備(共用設備)の交換は不要です。しかし、左旋電波の新4K8K放送(下図の赤い部分)を受信するには、受信設備の交換が必要となります。

引用:総務省4K8K情報サイト

▼左旋電波を受信するために交換が必要な設備

パラボラアンテナ(左旋対応) 屋上に設置されているおわん型のアンテナ
混合器 UHFや衛星放送などの複数のテレビ信号を1つに合わせて、1つのの同軸ケーブルに換える機器
増幅器(ブースター) アンテナ直下などで受信したテレビ信号を大きく(増幅)する機器
分配器・分岐器 一旦混合したUHFや衛星放送などのテレビ信号を、各住戸前や各テレビ前で再び分配・分岐する機器
壁面端子 各住戸内のお部屋内壁に設置されているテレビ端子

 

引用:一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)HP

交換する際は、「3.2GHz(3,224MHz)対応」「4K8K対応」とうたう機器に交換する必要があります。

下記のSHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、JEITA(※)で審査・登録され、一定以上の性能を有する新4K8K衛星放送受信に適した、衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークです。

*JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)

※同軸ケーブル(マンションの各住戸にテレビ信号を配信するケーブル)は基本的には交換の必要はありませんが、老朽化したケーブルや水が入ってしまったケーブルなどは交換が必要な場合もあります。

※ケーブルテレビに加入して視聴しているマンションでは、地上デジタル放送やBS・110度CS放送は、ケーブルテレビ各局において新4K8K衛星放送を受信できるよう準備を進めていますので、加入しているケーブルテレビ局に早めにお問い合わせください。

3. 新4K8K衛星放送の受信機

新4K8K放送は、新しい方式で放送されるため、各住戸では新4K8K放送を受信するための「チューナー」や「4K8K放送チューナー内蔵型の4K8Kテレビ」が必要になります。

4. 電波干渉対策

左旋電波は、他の無線(無線LAN、スマートフォン、Wi-Fiルーター、電子レンジ)にも利用されているため、相互に電波干渉が生じないような対策が必要となります。

具体的には、同軸ケーブルがむき出しになっている箇所から電波がもれ無線LANに干渉したり、逆に、このむき出しの箇所に電子レンジの電波が混入して4K8K放送に障害が発生するなどの影響があります。

▼電波干渉が発生する主な事例

  • 旧規格のブースターや分配器、壁面テレビ端子などに見られる直付けによる接続
  • 不適切な施工(いわゆる「手ひねり接続」など)

▼妨害の例

  • 無線LAN、携帯電話(BWA)の速度低下や通信不良

引用:一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)HP「中間周波数漏洩対策事業」

5.中間周波数漏洩対策事業補助金

2018年4月より、左旋電波を受信するための受信設備の漏洩基準を定める法令が改正されました。

総務省は、新4K8K衛星放送に対応した受信環境整備に向け、不適切な受信設備を改修することにより、電波漏洩による他の無線サービス等への干渉を防止する対策として中間周波数漏洩対策事業を開始しました。

A-PAB(一般社団法人 放送サービス高度化推進協会)では、国の補助金を受け、この「中間周波数漏洩対策事業」に対して経費の一部を助成するなどの支援を行っています。

▼助成金交付の条件

条件① 平成29年5月11日以前に、右旋の衛星放送受信設備が設置されていること。
条件② 平成30年6月8日以降に、左右旋対応アンテナを設置すること。(「助成金交付決定通知」以降に設置工事を行う場合)
条件③ アンテナ出力から壁面端子までの間の機器で、助成金交付対象機器リストの技術基準不適合機器であり、かつ助成金交付対象機器であること。
条件④ 住居を含む建物に設置されている受信設備の改修であること。(例外有)

助成金は、アンテナ出力から壁面端子の間(パラボラアンテナは対象外)にある対象機器リストに掲載されている機器(技術基準に不適合な機器)をガイドラインに沿った改修(交換)するための費用の一部を補助することで、電波漏洩を防止する目的により行われます。

また、助成金交付申請は、登録業者である施工業者が助成対象者の代行で申請するので、まずは登録業者を検索すること、そして既設置の機器が技術基準不適合機器かどうかを確認することなど専門的な調査が必要になると思われます。

新4K8K衛星放送に関連するHP

☆ 総務省:4K放送・8K放送情報サイト

☆ JEITA「4K・8K」に関するよくある質問(Q&A集)

☆ A-PAB 「一般社団法人 放送サービス高度化推進協会」

☆ A-PAB 「中間周波数漏洩対策事業 助成金制度について」

 

 - マンション設備